REACH | ワークショップ 少人数制で

 

 

 

 

トリガーポイントという言葉を聞いたことがあるという人は多いと思いますが、トリガーポイントとは何か?と言われると詳しく説明できるでしょうか?ツボと勘違いされることも多いトリガーポイントですが、近年では科学的理論の探求が進み多くの文献が発表されています。

運動器に起こった痛みは急性痛と慢性痛に分けて考えられる事が多く、急性期は痛み止めやアイシングなどの炎症を抑えることを目的とした処置がなされ、慢性期にはストレッチやマッサージなど循環改善を目的とした処置がなされます。

しかし本当に選手の訴える急性期の痛みの全てに炎症所見がみつかるでしょうか?
ぎっくり腰や寝違えの時に痛み止めの効果を実感できていますか?
このような現場で生じる疑問について、トリガーポイントの視点から考えていきます。  

今回のワークショップでは関西医療大学より複数のトリガーポイント関連の文献を持つ北川先生にお越しいただき、最新のトリガーポイント理論と実際にトリガーポイントを検索して治療するプロセスを頸背部を中心にご紹介いただきます。  

学習目標

  • 最新のトリガーポイント理論に触れる  
  • トリガーポイントの検索法について理解する  
  • 体表解剖を通して骨指標と筋の触察を深める  
  • 頚背部痛についてトリガーポイント療法を適用する

 

近年、テレビや雑誌等で『トリガーポイント』 という言葉を目や耳にすることが多くなりました。
しかしその理論や手技は様々で、 紹介された通り行っても効果が発揮できるとは限りません。

私たちのグループでは痛みを科学的理論に基づいて解釈し、 痛みの種類にあったアプローチをしていきます。痛みの多くは侵害受容性疼痛と考えられ、 急性期には消炎鎮痛剤やアイシングなどの処置がなされ、 慢性痛にはマッサージやストレッチ、 関節モビライゼーションなどの手技が用いられることが多くあります。

しかし炎症が原因の痛みだと考えられても、 消炎鎮痛剤が著効しないことはありませんか?

循環改善や関節の調整を目的に手技を行っても、 効果が長続きしないことはありませんか?

消炎鎮痛剤やアイシングが効果的な痛みについて、 また慢性期に必要なアプローチの仕方について、私たちの考えるトリ ガーポイントの理論をふまえて紹介していきます。

学習目標

  • 最新のトリガーポイント理論に触れる
  • トリガーポイントの検索法について理解する
  • 体表解剖を通して骨指標と筋の触察を深める
  • 臀部、ハムストリングについてトリガーポイント療法を適用する

 

 

皆さんは、「細菌」というと何をイメージされるでしょうか。

傷んだものを食べたと時の食中毒ですか?それとも風邪をひく原因でしょうか?
いずれにしろ、体に悪いイメージがあると思います。しかし、悪いイメージのある細菌ですが人のあらゆる部位に生息していることはあまり知られていません。
近年、この体に生息している細菌たちが世界中で注目を集めています。
現在、世界中の研究機関がヒトの体に生息する細菌全てを明らかにするためのプロジェクトを立ち上げており、その中でも注目されているのが腸内細菌叢です。

皆さんは腸内細菌叢という言葉をご存知でしょうか。

腸内細菌叢とは、我々の腸内に生息する多種多様な細菌集団のことを指します。特に、腸内細菌叢は疾病発症との関係について数多く研究されており、体の機能に対して様々な作用を及ぼすことが報告されています。

しかし、腸内細菌叢と運動との関係はほとんどわかっていません。
今回は、腸内細菌叢の基本的な知識と生体機能との関係をお話ししながら、運動と腸内細菌叢に関する最新の知見をご紹介いたします。その中で、腸内細菌叢が現場でどのように応用可能なのかなどを皆さんと一緒に考えていきます。

学習目標

  • 運動と腸内細菌叢の基礎的知識を身に着ける  
  • 運動と腸内細菌叢に関する最新の知見に触れ、臨床での応用について洞察する
  • 生体機能と腸内細菌叢の関係を生理学的、生化学的な面から理解する
  • 生理学や生化学を通して生体機能の基礎的知見を深める  

 

 

可動域については様々な議論がなされてきて、日本に於いての「ストレッチ」というのは、ストレッチ専門店などの業種を生むほど浸透してきています。しかし、そのように獲得した「他動的」可動域を我々は本当に制御で来ているのでしょうか?

副題である〜 Control it & Own it! 〜というのはまさに自らが可動域を獲得していくプロセスを表しております。ベルンシュタインの提唱するダイナミックシステムセオリーなどの視点から、要素還元的な考え方ではなく、適応力のある体になるためのヒントとして FRC ( Functional Range Conditioning) の理論を中心に講義と実技を行っていただきます。

 

PNF の技術と手順の発展に大いに貢献したマギー・ノット( PT )から直接教えを受けた故ボブ・ムーア博士( ATC/PT :サンディエゴ州立大学)のコンセプトに基づくスポーツ障害と整形外科疾患に対する実践テクニックの入門編です。 2016 年 6 月に行われ好評だった実践入門〜足首編〜に続き今回は肩関節に関して PNF を用いてアプローチしていきます。

座学は促通の基本手順とは何かを知って、理解していきます。たっぷり時間を取る実技においては、その促通手順を、本当にベーシックなスローリバーサルという技術を何度も繰り返し行うことによって、体で習得します。肩関節、肩甲骨安定の為のテクニックは肩のリハビリ患者に有効なだけでなく、野球、バレー、テニスなどのオーバーヘッドスポーツのトレーニングや障害予防アプローチとして非常に効果があります。ムーア博士より総計 400 時間の直接指導を受け、日本でセミナーを開催することを許された数少ない日本人 ATC である東 ATC のテクニックは必見です!

学習目標

  • PNF の促通の基本手順を学ぶこと
  • PNF の肩甲骨の 1 つの対角線上の2パターンのスローリバーサルを習得すること
  • PNF の肩関節の 1 つの対角線上の2パターンのスローリバーサルを習得すること
  • PNF の肩関節の 1 つの対角線上の 1 パターンのリピーテッドコントラクションを習得すること
  • PNF の肩関節の 1 つの対角線上の 1 パターンのアゴニストリバーサルを習得すること

 

 

私たちの呼吸への理解がパフォーマンスの向上やけがの予防、ひいては日常生活の質の向上などにつながってくるという事が分かってきました。私たちは日常的に呼吸をしていますが、 PRI(Postural Restoration InstituteR )や DNS(Dynamic Neuromuscular Stabilization) などのコンセプトから呼吸を見ると、呼吸の世界は奥深い学問であり、なかなか理解することが難しいという事も感じています。

そこで弊社では今年も、そもそも呼吸とは何なのか、なぜ大切なのかを理解するために呼吸のワークショップを開催します!

弊社教育コーディネーター大貫 ATC, PRT が呼吸の解剖学から始まり、パラドックス呼吸、 PRI や DNS のコンセプトを実技を含めて紹介していきます。これから呼吸について勉強してみたい!と考えている方にはおススメの内容です。 昨年12 月に行われた PRI マイオキネマティック・リストレーションの講習会や DNS Exercise Course の講習会に参加された方には復習として特におススメです。全 5.5 時間、実技をふんだんに含んだ内容でお待ちしております!

学習目標:

  • 基本的な呼吸に関する解剖学を筋骨格系を中心に確認する
  • 正常な呼吸パターンとパラドックス呼吸を見分けることができる
  • PRI と DNS の基本コンセプトに触れ、日々の活動に呼吸を通して役立てる
  • 誤った呼吸パターンを分析し、 PRI や DNS のコンセプトから適切なエクササイズを処方できる

 

 

 

寺田 昌史, PhD, ATC Ankle Sprain / Instability is Epidemic 大阪市
増本 克規 ATC ダイナミックポスチャーの診方とリカバリーのポイント 大阪市
阿部 さゆり
MS, ATC/L, CSCS, PRT, NASM-PES, CES
「アシクビノネンザ」時の下脛腓関節の評価と治療アプローチ 東京都
伊佐 和敏 DC, ATC, CCSP, TPI Level3 ゴルフに必要な動作の評価とエクササイズ 〜エクササイズ編〜 東京都
伊佐 和敏 DC, ATC, CCSP, TPI Level3 ゴルフに必要な動作の評価とエクササイズ 〜評価編〜 東京都
吉部 紳介 ATC, PES 胸椎・胸郭の可動性の認識とその獲得 東京都
重森 宝 ゴルフ スイングからみるカラダの見方  〜レッスンプロとトレーナーの着眼点の違い〜 東京都
阿部 さゆり
MS, ATC/L, CSCS, PRT, NASM-PES, CES
テンセグリティと瘢痕組織のモビライゼーション 東京都
増本 克規 ATC GAIT 観察とランナーのためのファンクショナル ストレングス 大阪市
増本 克規 ATC 機能解剖から紐解く肩のコンディショニング 大阪市
増本 克規 ATC 効率のいい動作を創りだすトレーニング方法 大阪市
増本 克規 ATC バランストレーニングの秘訣 大阪市
増本 克規 ATC 身体の仕組みから見る関節と筋肉の関係と Dynamic Joint Mobility 東京都
大貫 崇 ATC リカバリーウェアべネクスと“べネクササイズ”で積極的な休養を! 東京都
大貫 崇 ATC MLB と NPB に於ける肘内側側副靭帯再建手術の現状と比較 豊中市
大貫 崇 ATC
A-YOGA 認定インストラクター向け身体評価研修 京都市
大貫 崇 ATC
PRI を用いた呼吸法とパフォーマンス調整 福岡市
山口 大輔 ATC
怪我を予防するための評価からパフォーマンス・トレーニングまでの流れ 大阪市
山口 大輔 ATC
勝ち続けるためのシステムとカルチャー 大阪市
大貫 崇 ATC
リカバリーウェアべネクスと“べネクササイズ”で積極的な休養を! 東京都
増本 克規 ATC
シーズンを通して考えるベースボール コンディショニング 大阪市
増本 克規 ATC
骨盤の機能解剖からみる機能改善ポイント 宇都宮市
大貫 崇 ATC
呼吸エクササイズ  〜 DNS と PRI を取り入れた新感覚エクササイズ 〜 鳥栖市
大貫 崇 ATC
呼吸エクササイズ  〜 DNS と PRI を取り入れた新感覚エクササイズ 〜 福岡市
増本 克規 ATC
一歩踏み込んだ効率のいい体の使い方  〜 ニューロロジカルアプローチの入口 〜 新潟市
増本 克規 ATC
シーズンを通して考えるベースボール コンディショニング 新潟市
大貫 崇 ATC
3 次元投球動作解析を基にした 2 次元動作解析の活用 芦屋市
大貫 崇 ATC PRI を用いた呼吸法とパフォーマンス調整 〜評価編〜 大阪市
北川雄一 MEd, ATC

動きの発達過程に基づいた ファンクショナルトレーニングの漸進法

大阪市
増本 克規 ATC ストレッチ & ウォーキング  〜上手に歩くためのキー・エレメント〜 大阪市
増本 克規 ATC 「 体幹の正しい使い方 」   〜コアの意識とバランス〜 西宮市
増本 克規 ATC 効率のいい走り方と体のケアの方法 東京都
増本 克規 ATC

コンディショニング ・クリニック ランナーのための「ひざ・こし」お悩み解消講座

東京都
増本 克規 ATC 野球選手に必要なコンディショニングプログレッション 大阪市
増本 克規 ATC
野球に多くみられる怪我とBalance Tension and Relaxationを活用した予防法 大阪市
増本 克規 ATC メジャーリーグにおける肘関節障害のリハビリ・コンディショニング 〜内側側副靭帯損傷を中心に〜
広島市
増本 克規 ATC 野球選手のネイルケア 広島市
増本 克規 ATC 肩の傷害とリハビリのプログレッション 広島市
増本 克規 ATC 基礎代謝アップのポイント - 膝・腰・肩の痛み解消のポイント - 長野県大町市
増本 克規 ATC

健康へのステップアップ 〜 QOL を高めよう〜

長野県大町市
増本 克規 ATC パフォーマンスアップのためのBalanced Tension and Relaxation 東京都
増本 克規 ATC 腰の傷害とCore Stabilization Exercises 大阪市
増本 克規 ATC サブ4も 夢じゃない! 「 サマートレーニング クリニック」 東京都
増本 克規 ATC 肩の傷害と予防法 大阪市
増本 克規 ATC 膝の傷害とリハビリのポイント 大阪市
増本 克規 ATC 高校球児のためのIntegrated Conditioning Training 神戸市
増本 克規 ATC 足関節の傷害とリハビリテーション 大阪市

過去のタイトルからもう一度やってもらいたいものがあれば一度お問い合わせください。

 

株式会社 リーチ
京都市左京区一乗寺清水町10
TEL: 075-707-8877
FAX: 075-707-8878
E-mail: info@reach4d.jp