少人数制で実戦向きな内容を目指して

ワークショップは少人数制で行うセミナーです。そのため、プレゼンターと参加者の距離が近いのが特徴です。
その距離がより身近に感じられるからこそ、アットホームな雰囲気で勉強できます。

SMCなどの大規模なセミナーと違い、出来るだけ多くの時間をハンズオンに費やし、スキルアップにつなげていきたいと考えています。また、SMCなどで紹介したテクニックや、その他リクエストがあるトピックのワークショップを開催することも可能です。レクチャーなどただ受け身で聞く耳を傾けているだけでなく、実際にさまざまな情報交換ができる場にしたいと思います。普段使っているテクニックをシェアしたり日頃の質問ができ、またプレゼンターを含め、参加者みんなでいろいろと意見を出し合える環境を作っていきたいと思います。少人数制だからこその利点をフルに活用できるワークショップを目指しています。

関西のみならず全国各地でワークショップを開催していきます。過去には、東京、静岡、新潟、福岡、佐賀、岡山、広島などで開催してきました。これからもできるだけ多くの都市で開催することを目標としています。また、リクエストに応じて様々なトピックでワークショップを開催できるように最善を尽くしていきます。

コラボワークショップも企画しています。今後のワークショップの広がりに期待していてください。

 

今後のワークショップは・・・

 

 
 

 

タイトル

下半身の機能解剖から紐解くカラダの診方と考え方

解剖学や機能解剖学と聞くと学校のクラスのような感じがするかもしれませんが、よりカラダを理解するためには避けては通れないものです。単に評価法やエクササイズの形を覚えるのではなく、『なぜそれが必要なのか、何を診て、何を評価し、そこから何を考え、どういう判断を下すのか』というプロセスを学び、知れば知るほど奥が深い基本に返り、考える力を身につけられるセミナーとなっています。

なぜ膝が痛くなるのか?
膝の痛みの原因は膝じゃない!?

膝と股関節のつながり、また足首からつながる膝へのストレスなどキネティックチェーンから考えられる膝へのストレスメカニズムを理解し、そこから改善する方法を学びます。

また、膝だけでなく足首や股関節についても理解することでカラダをより全体的に診ていくことができるようになります。

★★学習目標★★

  • 下肢の解剖及び機能解剖学の知識が身につく
  • 下肢の代表的な傷害のメカニズムを学ぶことができる  
    • 【代表的な傷害:変形性膝関節症、坐骨神経痛、足関節捻挫、 PFSS など】
  • クライアントの下肢の痛みや悩みに対して、改善策を考える力が身につく
講 師

増本 克規 ATC

NATABOC公認アスレティックトレーナー

桜美林大学卒業後、カリフォルニア州のフットヒル カレッジに入学し、キネシオロジーを勉強する。その後、カリフォルニア州立大学ヘイワード校に編入し、アスレティック・トレーニングを専攻し、専門課程を修了後、2000年にATCを取得する。
在学中の1999年にMLBのSan Francisco Giantsでのインターンをし、2000年にMLBのアトランタ・ブレーブスでのインターン、同じく2000年US Track & Field Olympic TrialでのMedical Staff Internなどを経て、2001年から2003年までSan Francisco Giantsでマイナーリーグのアスレティックトレーナーとして働き、2004年に帰国し、REACHのメンバーとして活動を始める。
帰国後は、高知ファイティングドッグス、ワコール女子陸上部、競輪選手などアスリートからフィットネスクラブなどで活動する市民アスリートや高齢者などの一般の方まで老若男女問わず、目的に応じて幅広いコンディショニング、トレーニング、リハビリ指導などを行っている。
また、各地でフィットネスクラブの社員研修や、ヘルケアプロバイダー向けセミナーや学生など若手の育成にも力を注いでる。

日 時 10 月 20 日 【土】 10:00 〜 14:00
会 場

中之島プラザ 10F プレミアムルーム 
大阪市北区中之島 6-2-39

参加費

● 学生 3,240円 【税込】 特別招待価格です!!  申込はお早めに!!!

■ 一般 5,400円 【税込】

備 考
最低遂行人数 4 名

A-yoga認定インストラクターの皆様へ
カテゴリーBで 4.0 CEU となります。

お申込み

 

お申込み後、 数日以内に workshop@reach4d.jp より入金の案内メールをお送りいたしますので、
案内に従ってご入金手続きをお願い致します。
振込手数料は各自負担となります。ご了承お願いいたします。

入金確認後、メールが届きます。

携帯やスマートフォンでお申込みの方は、
@reach4d.jpのドメイン解除をお願いします。

もし、メールが届かない場合は、
お手数ですが、 workshop@reach4d.jp にメール、もしくは075-707-8877までご連絡ください。

 

 

 

 

 

 

タイトル

3D解剖から見るマニュアルセラピー
上半身編/下半身編

「肩がこっているから揉んでほしい」
「腰が痛いから押してほしい」

子供の頃に両親に頼まれた経験のある方も多いのではないでしょうか。

痛い場所を押して痛みが和らぐ刺激鎮痛点は、人種・文化・生活様式を越えて世界各地で伝わっています。その中でも特に有名なものが、東洋医学でのツボ、現代医学でのトリガーポイントと呼ばれています。

「痛い場所を押して痛みが和らぐ」という現象を紐解く keyword が「受容器の感作」です。

マニュアルセラピ−(徒手療法)で、「『痛いけれども、何とも言えない気持ち良さがある』という感覚を生じさせる」「クライアントの『触ってもらいたかった』部位に当てる」「その場限りの効果ではないものにする」、これらのことを達成するためには、なんとなく筋肉を押すではなく、筋肉のどの部位をどのように押すのかを明確にする必要があります。

体表解剖や触察、マニュアルセラピ−単独の講習は多くありますが、今回は、関西医療大学より複数のトリガーポイント関連の文献を持つ北川先生にお越しいただき、筋肉や骨の位置関係や形状を知り、触り、マニュアルセラピ−に活かすプロセスを紹介します。

学習目標

  • マニュアルセラピ−で治る痛みと治らない痛みについて理解を深める
  • 皮膚の奥にある筋肉や骨などの位置関係や形状を3 D で理解する
  • なんとなく筋肉を押すではなく、筋肉のどの部位をどのように押すのか明確にする
講 師

北川 洋志
関西医療大学 保健医療学部 助教

2007年、関西鍼灸大学(現関西医療大学)鍼灸学部卒業
2009年より関西医療大学大学院 保健医療学研究科 鍼灸学専攻修了。
同大学院修了後、関西医療大学 保健医療学部 はり灸・スポーツトレーナー学科に勤務。
大学時代より黒岩共一氏に師事。

田坂 和子
関西医療大学 保健医療学部 非常勤講師
ACE Treatment Lab.

日 時
9/16 ( 日 ) 9 : 30 〜 14 : 00
下半身編
11/18 ( 日 ) 9 : 30 〜 14 : 00
上半身編
*昼食休憩はなしで、小休憩のみ。
会 場

中之島プラザ 10F プレミアムルーム 
大阪市北区中之島 6-2-39 

参加費

◆ RPM 会員 10,368 円 【税込】 
セット申し込みの場合 → RPM 17,625 円(15% OFF)
  RPMの詳細はこちら

● 一般 : 12,960 円 【税込】 
セット申し込みの場合 → 一般  21,420 円(15% OFF)

▲ Kinetikos 有料会員 : 12,312 円 【税込】
セット申し込みの場合 → RPM 20,930(15% OFF)
  当日受付にて有料会員のマイページをご提示いただきます。(ワークショップ当日有効に限る)

■ 学生特別価格 5,400円 【税込】 特別価格のためセット割引はありません。
   各日先着6名様のみの特別招待価格です!!  申込はお早めに!!!
備 考
最低遂行人数 4 名
定員 12 名

A-yoga認定インストラクターの皆様へ
カテゴリーBで 4.0 CEU となります。

ATCの皆様へ
NATA BOC 4.0 CEUとなります。 (p3485)

お申込み

 

お申込み後、 数日以内に workshop@reach4d.jp より入金の案内メールをお送りいたしますので、
案内に従ってご入金手続きをお願い致します。
振込手数料は各自負担となります。ご了承お願いいたします。

入金確認後、メールが届きます。

携帯やスマートフォンでお申込みの方は、
@reach4d.jpのドメイン解除をお願いします。

もし、メールが届かない場合は、
お手数ですが、 workshop@reach4d.jp にメール、もしくは075-707-8877までご連絡ください。

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

株式会社 リーチ
京都市左京区一乗寺清水町10
TEL: 075-707-8877
FAX: 075-707-8878
E-mail: info@reach4d.jp