GEARの
コンセプト

エクササイズ リードのスイング指導へ

GEAR(REACH Golf Exercise Analyst)とは、

  • ゴルフスイングにおけるカラダの使い方
  • トレーニングの方法
  • コンディショニングの方法

まで、あらゆる角度からクライアントをサポートできる 総合ゴルフトレーニングコーチのことです。

ゴルフのスイング理論は、カラダの動きを無視していることがあり、身体の観点から考えると、 無理、無茶な動作が多くあるのです。

例えば・・・
『左腰を回す』 という理論に対して、左腰のイメージは人それぞれ違うのです。
『骨盤を回す』 
もいれば、
『股関節を動かそうとする』 人、
はたまた
『膝を動かそうとする』 
などカラダを動かそうとするイメージは人それぞれ様々です。

カラダの観点から考える左腰を回すという動作を解剖学的にとらえ、エクササイズを行うことで、自然と左腰が回る動作を覚えさせていくことがエクササイズをさせる上で最も重要な事なのです。

GEARではこのようなゴルフの理論とカラダの理論を融合させた、エクササイズ リードのスイングを指導することができるようになります。

GEARの
カリキュラム

ゴルフ理論

ゴルフのスイングには、様々な理論があります。
プロゴルファーのスイングがそれぞれ違うように、スイング理論には違う理論がたくさんあります。
レッスンプロ同様に、スイング理論を学習するためには、自身がゴルフを行い、ある程度の技術を身につけないとなりません。
いわば、ゴルフ理論はスキルなのです。
しかし、そのスキルであるゴルフ理論には、体の動かし方を教えるものが非常に多く、できるカラダとそうでないカラダを診分けているかと言えば、そうでないことが多いのです。
ここでは最低限ゴルフのエクササイズを指導するのに必要なゴルフ理論を学習していきます。

ゴルフの歴史
クラブについて
スイング理論
飛球の法則
ゴルフの基礎知識
ルール
スイングプレーン
スイング分析
エクササイズ理論

飛距離を伸ばすために筋力をつけると考えられた時代から、カラダの深層を鍛えて体幹を強化するといったように、エクササイズの流れも変わってきました。

では、体幹を鍛えれば体幹を使ったスイングができるのかというと、そうでもありません。運動には様々な要素が加わり、ある一定の動きとなるのです。

GEARでは体幹・バランス・筋力・動きなど、 カラダの根本からエクササイズを考え直します。

ゴルフスイングの身体的特徴
回旋動作
重心
体幹
2レバーシステム
連動
エナジーフロー
ゴルフ エクササイズ

養成コースの
ご案内

次回の養成講座の日程が決まり次第
アップいたします。
今しばらくお待ちください。